メンテナンスの見極め

現在一戸建てに住んでいます。売り主物件の建売住宅を10数年前に購入したものです。立地や最寄り駅までの距離については問題なく、モデルルームに使われていた部屋だった為、

照明機器やカーテンも全て込みだったのでよかったです。ただ、10年保証となっていて、その為の調査等の時期に管理をしていた会社が倒産してしまったのです。本来10年くらいが外壁や屋根のメンテナンスについて考える時期であり、そもそも購入から実際の居住までに起きた不具合についても結局何もしてもらえずでした。その後、玄関前の駐車スペースが地盤沈下を起こして玄関部分に傾きが起きたり(家屋は大丈夫でした)開口部にシャッターやサッシがないため確認や設置の相談をしたり、そういう住宅購入初心者にはなかなか難しい問題が発生した際のケアが何もなかったのは苦慮したところです。10年を迎えるにあたり、まずは外壁を塗り直し、屋根部分までは予算がなかったのでしばらくは経過観察です。西向きにあるバルコニーは吹きっさらしで西日が当たるため、ウッドデッキ素材(多分安価なものだったようです)は耐えられず、結局は塩ビ素材のものに設置し直しました。本来は外壁の作業をした時に屋根も同時にお願いすれば、足場代金を節約できたかもしれないですが・・。マンションのように共益費や管理費がとられない分、自分たちで計画性を持たないとメンテナンスは大変だと思いました。
住まいの窓口 丸の内