英語を話している国って意外と多い

英語を話している国って意外と多いのです。
英語を話している国って欧米でしょと思うかもしれませんが、それ以外の地域でも話されています。

ヨーロッパでは欧州連合の国々で英語が話されています。
もちろん、その国の言語と併用という形になっています。

北米大陸では、アメリカやカナダで英語が話されています。
カナダは一部の地域でフランス語を使用しています。

中南米となると、スペイン語圏になるのか少なくなり、ジャマイカやセントルシアなどで英語が話されています。

オセアニアでは、オーストラリアやニュージーランドで英語が話されています。
この地域で、英語が話されているのは、欧米と同様にイメージがしやすいです。

アフリカでは、ウガンダやカメルーンやルワンダなど多くの国で話されています。
しかし、アフリカでは現地の言語などと併用さている状況です。

アジアでは、インドやフィリピンやパキスタンなどで英語が話されています。
アジア諸国もアフリカと同じように現地の言語と併用になっていたり、中国語と併用になっているケースが多いです。

このように、意外にも多くの国で英語が話さています。
その背景は、歴史的なことがあったり、国内に言語がたくさん存在し共通語として英語が話されていたりなど、様々です。

オンライン英会話のネイティブのトレーナーがビジネス英語をレッスン