クレジットカードにもキャッシング機能なしのものがある

クレジットカードにはキャッシング機能が付帯機能としてついていることが多いのですが、実はキャッシング機能がないものも存在しています。このどうしてこのような違いがあるのでしょうか。

クレジットカードに関係する法律は多数存在します。今回注目したいのは、割賦販売法と貸金業法という二つの法律です。お買物をしてその費用をクレジットカード会社に建て替えてもらって後日支払うというものは、割賦販売法によって規制を受けているものですが、キャッシング機能については貸金業法という法律により規制を受けています。

割賦販売法では、支払い可能見込み額によって利用限度額が決まるのに対し、貸金業法では年収の三分の一以下の融資しかしてはいけないことになっています。支払い可能見込み額と年収の三分の一以下の金額には差があり、クレジットカードのクレジット機能をつけることには問題がないものの、キャッシング機能については貸金業法に抵触する可能性があるため付帯できない。ということが起こり得ます。また、申し込み時にあえてキャッシング機能はつけないという選択もできるため、キャッシング機能がないクレジットカードが出てくるということになります。