やはりプロの仕事は違うもの

私が今の家に引っ越したのはちょうど二年ほど前です。家族が増えたことにより以前の住まいが狭くなったための引っ越しでした。

埼玉県内を移動するだけの引っ越しでしたが、それなりの荷物量があったので引越し業者さんにお願いすることにしました。

友人知人に協力してもらい、自力でやれば費用の節約になるとも思ったのですが、そこはやはりプロの仕事でした。

搬出や搬入がスピーディーで動きに無駄がないのは勿論ですが、新居を傷つけないための気配りと確認に驚きました。

まず、新居に元々ついていた小さな傷や汚れを一緒に確認し、作業終了後にも新たな傷など気になるところはないかと聞いてくださったのです。

丁寧な作業を見届けていたので心配はありませんでしたが、念のためすべて確認することで気持ちよく引っ越しを終えることができました。

友人知人に頼んだ場合にはここまでは出来ません。

あとで傷を見つけて、引っ越しで付いたのかもとモヤモヤする可能性もあることを考えると業者さんに頼んで正解でした。

また、大量の空の引っ越し用段ボールも回収に来てくださいました。

それも、業者さん側から日時を指定されるのではなく、こちらから引き取りに来てほしいと電話一本で依頼できるのも助かりました。

慌てて荷ほどきする必要がないのでゆっくり時間をかけて片付けをし、回収を依頼したのは一月近くも後のことだったと記憶しています。

自力での引っ越しとなると大量の段ボールも自分で処分しなければなりません。

リサイクルゴミの収集場所がちょっと離れている我が家としてはありがたいサービスでした。

 

単身引越しを業者へ見積もり依頼するときの注意点
単身引越しを業者へ見積もり依頼するときの注意点を解説しています。単身の引っ越しが決まっているならぜひ読んでください。相場よりも安い料金で単身引越し業者へ依頼するためのコツを伝授します。